Work

会社を辞めたい。でも踏み切れない方へ

佐々木です.comを運営している佐々木です。

「会社を辞めたいけど、なかなか踏み切れない」

本記事ではこのような悩みを持つ方へお贈りします。

悩みを解決する方法ではなく、少しクールダウンできたり、違う考え方ができるような記事を書いていきます。

考え方次第で解決する悩みもあるかもしれません。

もし、悩みを相談できる人が近くにいる場合はこの記事は読まなくて良いと思います。

「誰にも相談できず1人で悩んでいる」という場合は誰かに相談している気分でこの記事をご覧ください

この記事は5分で読めます。

会社を辞めたい。でも踏み切れない方へ

私も今まで何度も会社を辞めたいと思ったことがあります。

誰だって1度や2度は思ったことがあると思います。

ただ、すぐに辞められないから悩むんですよね。

辞められない理由としては

  • 辞める勇気がでない
  • 家族や子供がいて簡単に辞める訳にはいかない
  • 今までの地位を捨てれない
  • 求職するのが面倒
  • 新しい仕事を覚えるが嫌
  • 給料が下がるかもしれない

このような理由ではないでしょうか?

1つではなく複数当てはまる方もいると思います。

逆に「辞める勇気がでない」だけしか当てはまらなかった方は勇気を出して今すぐ辞めるべきです(笑)

少し様子を見てみる

辞めたいと思った時、辞めたい度がMAXに達すれば悩まずに辞めると思います。

ただ辞めたいけど、辞めたい度が50%~70%だから悩むのではないでしょうか。

今すぐに辞めるか、辞めないかの答えを出そうとせず、もう少し耐える体力があるのであれば、少し様子をみてみるのも1つだと思います。

その間に自分が「なぜ辞めたいか」を全て紙に書きだして、頭で考えるだけでなく文字として目で見ることで脳が整理され、新しい考えが浮かんでくるかもしれません。

期間を決めてみる

様子を見ると似ていますが、辞めたいと思いながらもただ様子を見ながら毎日仕事をするのも辛いと思います。

そこで自分のなかで期間を決めてみるのはいかがでしょうか。

  • 3ヶ月後に辞める!
  • 6ヶ月は我慢する!
  • 今の仕事が終わったらやめる!
  • 子供が〇歳になったらやめる!
  • 〇月に旅行へ行ったらやめる!

など期間は自由に決めていいと思います。延長もありです。

自分なりに決めた期間が経っても、まだ辞めたい度が変わっていなければ勇気を出して辞めるべきだと思います。

ただ、時間が経って辞めたい度が少しマシになった。辞めたい理由が改善された。などもあるかもしれません。

延長、延長で気付けば数年経っていた。辞めたい気持ちも忘れてた!なんてのも良いと思います。

辞めたいと思いながら仕事するなんて客に失礼だ!

という意見もありそうですが

人間だもの。

ずっとモチベーションを維持できる人なんていませんよね。

辞めたいと思っている=適当に仕事をする。ではないですからね。

少し開き直ってみる

辞めたいと思っているのであれば、少し開き直ってみるのはいかがでしょうか。

どうせ辞めればいいや!とこの際に

  • 言いたいことを言ってみる
  • やりたい仕事をやってみる
  • 我慢してたことを開放する
  • 被っていた猫を脱ぐ

意外と良い方向にいくこともあるかもしれません。

逆にさらに辞めたくなったらラッキーです!

もともと辞めたかったんです。自分で自分の背中を押しただけです!セルフアシストです。

ただし、犯罪を犯したり、道徳を外れるような行為はやめましょう!

仕事を辞めるだけでなく、人生を辞めることになります。

介護職は最小限のリスクで転職できる

ただ、考えた末にやっぱり辞めるしかない。辞めたい。と思った場合、介護職なら最小限のリスクで転職ができると思います。

その理由は、介護職は専門職だからです。手に職をつけると言いますよね。

職場はあくまで働く場所であって、技術や知識は自分自身に身に付いているものです

介護をする場所を変えるだけです。今まで培ってきた経験はそのまま次へ活かすことができるのが手に職をつける専門職の魅力だと思います。

プロ野球選手も契約が終われば、年俸の高い球団へ移籍しますよね?

私は会社ではなく介護業界に就職したと思っています。

もし今がデイサービスなら、次は施設を経験するも良し、訪問介護で在宅を経験するも良し。どの経験も全て自分の力になり、いろんな経験をすることで自分の介護観も変わります。そして将来の選択肢が増えます。

介護職で辞めたいと悩むのであれば次のステップアップとして環境を変えるべきです。

 

 

 

-Work

© 2021 佐々木です.com