money

最大42%も増額される!年金の繰り下げ受給とは?

どうも!佐々木(@sasakidesu25)です!

「あれ?年金ってどんなものだっけ?」

と思った方は先に「第1回」を読んでから、また戻ってきてください!

【年金の仕組み①】最低限これだけは理解しましょう

それでは行きましょう!

ちょっと振り返り

前回の【年金の仕組み①】を少し振り返りますね。

年金は保険のようなもので「リスクに備える」というのが正しい考え方。

リスクとは「長生きすることで貯蓄が無くなってしまうこと」でしたね!

年金だけで老後安心して暮らせるかは誰にもわからないので、

「貯金する以外にどういう準備が必要か」を考える必要がある。

と言うところで終わりました。

では行きましょう!

人生100年時代の不安に対して

2020年現在、人生100年時代と言われています。

労働が60歳で終わって収入が無くなる。

「年金だけであと40年も生きていけない」

と不安になる人が多くいます。

ここで働き方を変えないといけません。

まずは、60歳で引退せずに70歳でも需要があるし働ける社会になっています。

あとは副業をして本業とは別の収入の柱を作る⇒自分でお金を作れるようにすることも重要です。

最大42%も増額される!年金の繰り下げ受給とは?

そもそも年金は何歳からもらえると思いますか?

60歳?

65歳?

70歳?

 

 

 

 

 

実は、60歳~70歳で受給時期を選べるんです。

 

「だったら早く貰いたい!」

「60歳になったらすぐ貰う!」

と思いますよね?

でもそれは年金の仕組みを知らない人の考え方なんです。

理由は、繰り下げ受給をした方が多く年金を貰えるからです。

受給時期をたった1ヶ月繰り下げするだけで数%増額され、

最大70歳まで繰り下げた場合、42%増額されます。

しかも、一生です!

 

ただ、こうなると新たな不安が発生します。

 

「70歳までに死んだらどうするんだ」

「70歳まで貯蓄が持つか不安だ」

ただこれは「全員繰り下げ受給しましょう」と言っているわけではありません。

そもそも年金は「長生きする」というリスクに対する保険なので、

なるべく年金を使わずに70歳まで生活して、70歳になってから受給すれば

「より豊かな老後が暮らせますよ」

という話です。

ここを理解せずに

「貰えるものは早く貰おう!」

という考えでは老後になってから後悔することになります。

私的年金

私的年金は「土台となる公的年金にプラスするもの」というイメージです。

公的年金:保険

私的年金:積立貯金・投資

と分けて考えて下さい。

私的年金には3種類あります。

・年金基金

・企業年金

・iDeCo

公的年金と私的年金の正しい組み合わせ方

今までの考え方は60歳で労働の現役を引退して、公的年金を貰う。さらに上乗せで私的年金を貰う。

しかし、これからの考え方は現役引退を少し長くして、次に私的年金で生活する。最後に増額された公的年金を受給して豊かな老後を過ごす。

なにごともまずは知ることが大切。

知ることで守れることもあります。

今回は以上です。

 

-money
-

© 2021 佐々木です.com